フリーエンジニアから参加するインフラ整備

情報システムの構築や管理は、システムエンジニアが仕事を引き受けてきました。
しかし、通信技術が発達し多くの場所で利用されるようになると、通信インフラを整備するための専属スタッフが必要となってきます。通信設備を構築し運営する需要の高まりから、システムエンジニアとしての素質をもった開発者の中でも、特に通信インフラ関連の働き方が選択肢として登場しているのです。

また、多様な場所で通信設備が必要になっているため、フリーエンジニアとしての働き方のほうが、より幅広い技術サポートができる場面も多くなっています。一方で、開発企業と比較すると、フリーエンジニアは事業規模が小さいのです。そのため、単独で携わることができる仕事の案件は、ごく小さいものに限られてしまいます。

対策方法としては大きな開発企業の要員として参加するという、フリーのエンジニアとしての働き方もあります。スタッフの欠員を埋めたり、あるいは特別な技術を高く評価されてチームに参加するということもあるのです。会社に属して勤めることに比較すると、収入や福利厚生といった点で不安定さはあるでしょう。

しかし、仕事の内容を自由に選んだり、実力を活かしてもっと高い収入を得たいと考えている技術者にとっては、フリーエンジニアとして働くことを選ぶメリットが大きいのです。脱サラしてフリーとして独立することを考えるにあたっては、フリーとしてやっていける逞しさやしたたかさを持てるかどうかについて、検討を要します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website